mura-Qのゴルフ雑感

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮想軸の概念の導入

<<   作成日時 : 2011/03/22 01:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

画像

--ゴルフスウィングの上半身の動きに,スウィングセンターからグリップまでの部分に仮想軸を想定する試み

ゴルフスウィングは、右利きの場合に、テークバックでは、、左上肢主体で、フォローでは右上肢主体と成るので、スウィングを考える上で、極めて複雑となる。それを上記のような仮想軸を考える事により、その軸の回旋として考えると、スウィングの成り立ちの理解が極めて容易となる。

近日中にホームページの方で詳細に発表する予定である。

上に示したアニメで、緑色の線の仮想軸を記して見た。

レッスン書にはよくスウィングの際に両上肢で作られる二等辺三角形を出来るだけ保ってスウィングするように書かれているがまさにそのことと同じ意味を持っている。

関節構造的に見て、いわゆるコックが行われて右肘が曲がっても、仮想軸の長さは変わらず、また二等辺三角形も崩れないのである。

この形がスウィング中に、出来る限り保たれることが再現性の高いスウィングを作り上げることとなる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー メガネ
仮想軸の概念の導入 mura-Qのゴルフ雑感/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー メガネ
2013/07/05 20:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮想軸の概念の導入 mura-Qのゴルフ雑感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる