mura-Qのゴルフ雑感

アクセスカウンタ

zoom RSS スウィングトップの手首の形について。

<<   作成日時 : 2012/11/19 18:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

骨格の動きからスウィングの合理性について、常々関心を持つ小生としては、大変興味深いものがある。
国内外のプロの中で、時々目に付くのは、飛球線後方よりの映像で、トップの手首の形が、左手甲が出っ張って、手関節が、掌側に折れるタイプのプロが結構多い。コックの動きと相まって、医学用語で言うと、手関節の橈掌屈である。
古くは、リートレビノ・タイガーウッズ・ルークドナルド・中島常幸・藤田寛之・ヤーニーチェン・チェナヨン等諸プロとアマの松山英樹等である。

この形の持つ意味は以下のような事が考えられる。
1. この形は、インパクトの時に、それ以上、緩みようの無い関節固定位である。手首が固定され、上位(より大きな筋肉)の筋力での対応を導き出すことが可能となり、しっかりしたインパクトになる。手首が暴れにくいため、フェイスコントロールが安定する。
2. ハンドファーストの形を作り易い。従ってボールをダウンブローに打ち易い。
3. トップでのクラブフェイス面をクローズ(シャット)気味に導きやすく、惹いては、ボールの捕まりが良くなる。
4. ゴルファーのバイブル「モダンゴルフ」に掲載されているイラストはこのからくりを如実に物語っていると思われる。骨格の動きからスウィングの合理性について、常々関心を持つ小生としては、大変興味深いものがある。
写真参照
画像


この形の持つ意味は以下のような事が考えられる。
1. この形は、インパクトの時に、それ以上、緩みようの無い関節固定位である。手首が固定され、上位(より大きな筋肉)の筋力での対応を導き出すことが可能となり、しっかりしたインパクトになる。手首が暴れにくいため、フェイスコントロールが安定する。
2. ハンドファーストの形を作り易い。従ってボールをダウンブローに打ち易い。
3. トップでのクラブフェイス面をクローズ(シャット)気味に導きやすく、惹いては、ボールの捕まりが良くなる。
4. ゴルファーのバイブル「モダンゴルフ」に掲載されているイラストはこのからくりを如実に物語っていると思われる。写真参照
画像

5. 昔ジャックニクラウスのレッスンもので読んだ気がする言葉で「カーリングアンダー」と言うのがある。テークバック始動時に手首を右下方向へ巻き上げるようにするコツを表した語句と思うがこれも同じ意味合いを持つのではないだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
勉強になった。

muraさんはゴルフを医学、解剖学の側面から理解されていいるんですね。すごい

スポーツ解剖学、医学は大事だというのがよくわかった。

ところで医学部のゴルフ界における注目選手を紹介します。

溝渕雅彦 第64回西日本医科学生総合体育大会優勝
     第22回西日本医歯薬オープン戦優勝
     第42回夏季西日本医歯薬本戦2位
現在の医学部ゴルフ界を引っ張るエースです。

奥村真之 第64回西日本医科学生総合体育大会6位
     第42回夏季西日本医歯薬本戦3位
名古屋大のエースです。

辻田晴也 第64回西日本医科学生総合体育大会2位
     六大学交流戦優勝
第35回西日本医歯薬新人戦 2位
関西高等学校ゴルフ選手権で1回2位になり、全国高等学校ゴルフ選手権に3回出場した逸材です。
今後の医学部ゴルフ界のエースとなるでしょう。

梅田一生 第64回西日本医科学生総合体育大会3位
     第35回西日本医歯薬新人戦 優勝
ジュニア時代は辻田選手に比べると劣る成績でしたが、今後辻田選手と並んで医学部ゴルフ界のエースになるでしょう。

彼らは医学とゴルフを深く理解しているでしょうから、スイングのことを医学的、解剖学的に理解しているのかもしれません。

がんばってほしいですね。
ああえ
2012/12/27 15:30
コメント有難うございます。
人体の仕組みに詳しい若い人たちに、フレッシュな感覚で、自己を実験台に、匠の技を分析して欲しいものです。
Mura-Q
2013/03/27 13:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
スウィングトップの手首の形について。 mura-Qのゴルフ雑感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる