mura-Qのゴルフ雑感

アクセスカウンタ

zoom RSS パッティングフォームの猫背型と脊柱直立型

<<   作成日時 : 2016/01/26 15:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

猫背型:所謂クラシカルタイプで昔から殆どのプロが採用しているフォーム
メリット:脇が締まる。ボールを身体の近くに寄せやすい。脊椎の捻れがスムースに伝わりやすい。頚椎部を水平に保ちやすい。身体全体に余分な力みが感じられない。
spine pendulum motionとshoulder turn motionの両者の動きがstraight to straightのストロークをし易い。
画像


脊柱直立型:タイガー以降急速に多くなって来たフォーム・spine pendulum motionでインツーインの軌道になりやすい。shoulder turn motionならstraight to straightのストロークが可能である。高い姿勢でライン読み出来るので、ロングパットに向いている。
余り脊柱の直立を意識し過ぎると力みが出る。
画像


(注)
*spine pendulum motion−脊椎(下部頚椎及び胸椎上部)を支点とした振り子運動
*Shoulder turn motion−胸骨上部を支点とした両肩関節の垂直振り子運動
画像


結論としては上記2法は何れもメリット・デメリットがあると思われるので、プレーヤーはその両者を試した後に自分に向いているフォームを選択すべきものと思う。
因みに筆者は前者を採用している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パッティングフォームの猫背型と脊柱直立型 mura-Qのゴルフ雑感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる