アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「トレーニング」のブログ記事

みんなの「トレーニング」ブログ


体験的アンチエイジング

2014/05/01 13:01
昨近同期会などで集まると、話題は、健康問題になることが多い。概ね同病相哀れむといった感じになる。

先日或るロータリークラブの卓話を依頼されて、「体験的アンチエ亻ジングについて―――整形外科医の立場から」と云うテーマで30分程お話をさせて頂いた。

講演内容のポイントを下記に記す。これからの健康寿命をエンジョイするために何かお役に立てる事があればと思う。

『ロコモ―ロコモーティブシンドローム・ロコモ体操・ロコチェック等。』について、日本整形外科学会推奨のPPを活用して啓蒙活動をした。なんと出席者の略全員が、この言葉を聞いたことがないという事実に驚かされた。

次いで
@ 等尺性運動(isometric exercise)
―筋肉は長さを変えないで、収縮すると最も力が出る。

A 筋肉のポンプ作用(muscle pumping)
―:足またはふくらはぎは第二の心臓と言われる。

B 廃用性筋萎縮(disuse muscular atrophy)
― 筋肉同様身体のどの部分も使わないと退化する。

それぞれの持つ意味。

■ 心体技―3K
心―モチベーション―好奇心
体―身体作り―向上心
技―研究課題―研究熱心

■各人のそれぞれのアンチエイジング
―――将来の健康寿命を有意義にエンジョイするために!
T基本的方法―万人に適合した基礎代謝的方法
U独自の方法
個人々々の目的に応じた方法・創意工夫・創造の喜び・マンネリに堕さず・性差・年齢・体質体格体力相応

最近診療をしていて、つくづく感じることだが、加齢による疾患(骨粗鬆症・脊椎椎体骨折・変形性脊椎症・腰部脊柱管狭窄症・変形性膝関節症等など。)が、進んでいて、最早、根本的解決は難しい状態の患者さんが多いことである。
立場上、それ以上に悪くならぬような方法をアドバイスはする。
しかしもう少し若い頃即ち40代・50代頃に先を予測した生活習慣を過ごしてさえいれば、今のような取り返しのつかぬような事態には至らなかったのにと悔やまれるのである。
従って最近は30代位の人でも、膝が痛い、腰が痛い、肩が凝る等の症状を訴える人には、「ストレッチング」「肥満大敵」「仕事が忙しくとも暇を見つけて、短時間でも、運動習慣を持つ。」を説いて、将来の悲惨さを警告するようにしている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


体験的アンチエイジング論

2011/11/19 12:07
先日10月19日(水)に東京ワセダロータリークラブの卓話で「体験的アンチエイジング論」の講演をさせて頂いた。同クラブの週報で大変要領よく紹介されているので、以下に、引用させて頂く。このブログを読まれる方に少しでも、参考となれば幸甚である。
画像
画像
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


自分のスウィングは、自分では分からない!

2011/06/14 23:22
自分の描くイメージで、パフォーマンスを行っているかどうか、絶対にチェックしてみる必要あり。

練習する時に、いわゆる非合理的で、傍目にも、へんてこりんなスウィングでも、素晴らしいボールが出る様になることが多い。
それが、良いスウィングだと思い込んで、練習すればするほど、イメージに程遠い非合理的なスウィングを身に付ける可能性が大である。

具体的な方法としては、チェックポイントを決めて、まず鏡を見て、イメージどおりに素振りが出来るようにする。実際に球を打つところを人に見て貰ったり、ビデオを撮ってみる。携帯でもよし。仲間同士で撮りあう。等など。

*人の振り見て、我が振りなおす。

*他人を知り己を知れば、百戦危うからず。

*自分なりに納得の行く、イメージ(これは、その人がスウィングに関して、どれだけの情報量を積み上げてあるかによると思うが)を持ってスウィング作りに励むべきである。
この過程を経て、スウィング作りに取り組まないと、自分でスウィング修正することは不可能となる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エコノミー症候群防止策―東北関東大震災の被災者の方たちの為に

2011/03/16 10:33
先ほど、車の中で、NHK総合テレビ「あさイチ」で、今回の大震災の被災者の方々が、悩んでおられるエコノミー症候群についてのアドバイスを伺いました。
関連して是非とも付け加えて頂きたい事があります。
小生は、整形外科学会認定運動器リハビリテーション医の資格を持ち、体験的に、アンチエージングを研究している者です。

それは、筋肉の持つ特性を利用した方法です。

足やふくらはぎは第二の心臓と言われています。心臓は自律的なポンプ作用を持っておりますが、筋肉も同じ作用を発揮します。
それは、筋肉を硬くしたり、弛緩(緩めること。)させたりすることです。
専門用語で申しますと、アイソメトリック(等尺性運動−筋肉の長さを変えずに、作用させる運動)エクササイズと言いまして、普通の運動と違って、関節を動かさずに、力を入れたり抜いたりする事です。

こうする事により、体の心臓から、遠い部分の鬱滞した水分(血液・リンパ液など)を心臓に送り返すこととなり、血栓の発生を防ぐことと成ります。

この運動はどんなに狭い空間でも、出来るので、是非とも試して頂きたい方法です。

取り急ぎ、FAXさせて頂きました。

日本整形外科学会専門医 村田 久

追記
上記の方法は、水分摂取を前提とした方が、よりベターです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


身体の捻りについて

2009/10/06 19:40

一つの練習方法として、練習量の少ない、アマが、身体のひねりを効果的に覚えるには、最初は、身体全体(足・膝・腰・股関節・脊柱・肩等)を大きく使うことを心掛けるより、むしろ身体は正面を向いたままで下半身の土台は固定したままの意識で、肩甲骨だけを背骨の周りを回転させる(回そうとするより、両肩甲骨をゆるゆるにして、飛球線後方へ、動かしてやる感じ)事だけに絞って捻りを生み出してやる。

この方が、却って強いトルクの捻りが得られて、なおかつ復元性の高いスウィングが出来るように思う。

肩甲骨だけを動かすつもりでも、最終段階で、脊柱の回転もそこそこ加わって、正面から見て、背中が見える位に上半身が捻れているように思う。

全身をあまり使うことを意識すると効果的なトルクを持った捻りが得られず、しかも復元性の悪い、弱々しいスウィングになってしまう。

全体的協調がなかなか得られにくい。

このスウィングが身に着いたら、少しづつ下の方も使うようにしていけば、身体全体を使ったスウィングに発展させて行くことが可能となるであろう。

身体全体を使ったスウィングを先ず心掛けて、全体の協調性を獲得する練習をするより早道のような気がする。

練習過程の難しさは、後者の方が、ずっと大きいのではなかろうか。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


マッスルメモリーとモチベーション

2009/10/04 13:49
<マッスルメモリー>

マッスルメモリーとは筋肉に覚えさせる作業である。一度身体が覚えたらそう簡単には忘れない。
そのためには、身体に染み込むまで反復練習するしかない。

やはり球を打たないと、身体が忘れてしまう。一日30分でもよいからボールを打つことを心掛けよう。
そうしないと、進歩がない。間が空くと、また一から出直さないといけない。
それでは、技術を磨くどころではない。堂々巡りである。

身体は前を向いていて、肩甲骨だけを動かす意識だけでも、結構ボールは飛ぶ。トップに近い段階で、背骨のひねりも伴ってくる。
脊柱の動きは、意識的に抑えた方が、再現性が高くなる。
脊柱を動かそうとすると、身体全体の動きが多くなり、スクエアな状態への復元性が悪くなる。

フェイスコントロールを、試す。シャットにテークバックして、フェイスを開いた感じでダウンに入る。クラブヘッドが八の字を描くようなイメージだ。
そうすることによってボールも上がって来る。そして、ヘッドの加速もつく。

クラブヘッドの移動する距離が、フェイスを開き気味の方が、シャットに下ろして来るより、開いた分だけ、長くなる。

右ゴルフ肘の傾向があるが、左主導で打つと、結構右肘に負担をかけないで、打てる。

出来るだけノーコックを心掛けた方が、くの字の回旋だけで、元に戻るので、コックを入れた場合に比べて、一つ余分な要素がなくなり、アドレスポジションに戻り易い。勿論両肩が、アドレス状態に戻ると言う条件が必要だが。

そのためには、インパクトまで、顔の向きを真正面ないしは、やや、チンバック気味に保つことが肝要であると思う。
そうすることによって、肩の開きを抑えることが出来る。

私はなかなかこれが出来ない。何としても身体に覚えこませたい動きだ。


<モチベーション>

ゴルフの優れたプレーヤーになれるかそうでないかは、日常のゴルフに取り組む姿勢如何に掛っている。
運転免許証を取得する時、誰でも、命がかかっているので、必死に学科と実地を勉強する。そして、色々な経験を経て、無意識に命の安全を保てるような、潜在能力としての技術を身につける。

良く賭けゴルフをするとゴルフが上手くなると言われる。

昨日TVのゴルフチャンネルを見ていたら、あるアメリカの女子プロが、若い頃に、ライバルたちと、小遣いをかけて、プレーをして急速に上達したと回顧していた。

別に賭けゴルフを進めるわけではないが、人間やむを得ざる状況に追い込まれた時に、頑張らざるを得ない心境に落とされる。

火事場の底時からではないが、人は、気持ち次第で、とんでもない能力が引き出される。

物事に取り組む時も同じである。異常とも言えるような集中力で事に当れるのではなかろうか。

いずれにしても、人間はメンタルの生き物であり、如何にしたら、高いモチベーションを抱けるかに掛っている。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


トップアスリートの障害予防とコンディショニングー講演会報告

2009/01/20 22:20
【トップアスリートの障害予防とコンディショニング】
1月10日(土)昼間浜離宮朝日ホールで行われた「トップアスリートの障害予防とコンディショニング」を聴講した。満員盛況で、最初は、場内に入り切らない参加者が、入り口近くに備えられたテレビモニターを見つつ、待機させられ、場内整理に応じて、徐々に着席出来る有様であった。それもそのはず、パネリストは、プロ野球の工藤公康投手、オリンピック銅メダリストの陸上400メートルリレーアンカーの朝原宣治選手そして同じく柔道の連続金メダリストオール一本勝ちの谷本歩美選手とこの演題にぴったりの魅力ある顔ぶれだった。

コーディネーター:栗山英樹氏・福林徹先生

講演会の模様をPCでメモしたので紹介する。
コーディネーター:栗山英樹氏・福林徹先生

講演会の模様をPCでメモしたので紹介する。

2009/01/10
工藤投手:痛みの消失の原因がわからない。体の状態に応じて、コンディショニングを考える。健康管理の環境が整っていない。何が原因で自分が不調なのか?いろいろな知識を吸収した。原因を理解すると、症状が消失する。腕櫈関節・インナーマッスルのトレーニング・空気抵抗をつけて、腱板を鍛える。0ポジション・内外旋・手の甲を飛球線方向に向ける。躯幹部を回旋する・股関節で回旋する・二重振り子・アリゾナーリハに最適・トレーニングが昔の方式に戻りつつある傾向にある。器具はあまり用いない。トレーニング施設との契約・応用力・発想力・アメリカ・

朝原選手:ヨーロッパで転戦ー怪我で休めた。臀部の怪我。足首・疲労骨折か?やればやれてしまうところに問題あり。ドイツ:分担制度・白石接骨?コーチ・ミズノのトレーナー・毎日の経過・休養が選手寿命を延ばした。感性が失われた。改めて構築しながら感性を取り戻した。
オンオフのスウィッチを入れるタイミングが難しい。スクワット・立ち位置・230キロを持って立つ。しっくり来る立ち方・個人特有の骨格・重心位置・ドイツの環境:施設が、数多くある。
スポーツコンプレックス・

谷本歩美:腰痛・歩くリハビリから開始・北京についても痛かった。連続金メダル・腰椎分離症・腹筋のトレーニング・14種類・種目が違うほうがよい。JISS怪我仲間・怪我をしながらも競技は続ける。ファンからアドバイス多数貰う。腹筋のスロトレ・シェープアップに役立つ。柔道界は昭和の初期・根性の世界

福林先生:
JISS紹介ー
低酸素トレーニング研究・動作解析・スポーツ診療・アスレティックリハ・プロジェクトチームサポート・カロリー計算・宿泊施設・300億・金メダル・全部門のサポート・練習場・トータルスポーツクリニック・MRI・怪我の予防・オフのケア・施設が少ない・メディカルチェック・陸上競技場のデータを提供・骸骨モデル・バイコン三次元解析・コーディネーション・
整形外科の宣伝・

栗山英樹・
司会・
一発勝負:谷本:自分の力を出す。勝ちに拘らない。平常心

朝原ー選手の意識レベルを持つ。環境を最初から求めない。開き直り・400メートルの出発点での心境・4人の緊張感・

工藤:今までやるだけのことはやって来た。後は身体にゆだねる。怪我の予防・ジュニアのためになる。
科学的知識は必要それと感性

以上
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


北京五輪銅メダリスト朝原選手と古武術との繋がり

2008/12/16 02:31
あくまで此処に記述することは、私の独断的推量に過ぎないことを、まずお断りしておく。

今晩NHKのTV番組「トップランナー」に、北京オリンピックの銅メダリスト朝原宣治選手が出演していて、色々と興味深い話が聴けた。
その中の一つに、彼は、特定のコーチには就かずに、自分一人で、感性を重んじて、色々と自分独自のメニューで、試行錯誤を繰り返して、自らの選手人生を歩んで来たとの事であった。
そこに他人から押し付けられる苦しさに代わって、自己責任に基づく、得も言われぬ喜びを享受したという。
この方法はモチベーションを切らすことのない、一つのスポーツ選手の在り方であるように思う。

スタートの時に、身体を揺らすことなく、ニュートラルの状態から、始動したという話を聞いていて、これこそ先日私が聴講した、古武術の権威である甲野善紀先生の講話「武術が明かす世界」の中で、技の一つとして、話された≪井桁崩し≫に通じるものがあるように感じた。

甲野先生のお話を聞いていて、私なりの解釈をすると、≪井桁崩し≫とは、あるパフォーマンスを開始する際に、ひねりとか、反動とかを利用した、体の一部分の反応だとワンテンポ遅くなり、井桁を崩したかの如くに、全身が同時協調的に対応することによって、僅かではあるが、反応速度が、速くなるという。
相手がある場合には対応出来ぬほどのスピードになるという。

この技を体得するには、かなりの修練が必要であろう。
科学的な表現をするとすれば、脳からの指令ではない、脊髄反射の形成ということになるのではないだろうか。
従って、その反射が自然に行われるようになるためには、かなりの反復練習が前提となり、完全に身に着いた時に初めて、その人の感性となるのであろう。

このお二人の間に接点があるか否かは分からぬが、超一流の人が、別々の過程を経て、同じ技に辿りついたとしても、なんら不思議なことではない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジュニアゴルファーの練習法

2008/09/01 00:49
一昨日から、青森県八戸市の八戸工業大学で、日本ゴルフ学会第21回大会が行われていて、参加中である。

本日のシンポジウムの中で、「ジュニアゴルファーの育成」と題して、藤倉ゴムのプロゴルファー白浜敏司氏が、その講演の最後に、ジュニアのための練習方法として

@先ずは全力で振ることを勧める。最初から、正確さを目指すとスウィングが小さくまとまりやすい。後から、飛距離を伸ばすスウィングに変えるのは難しい。飛ばそうとすれば曲がる。曲がることによって、色々なライから打つ経験が出来る。トラブルショットが上手くなる。昔アーノルドパーマーが、「父親から、同じような指導法を受けた。」と何処かで読んだような気がする。

A余程ライの悪い場合を除き、アイアンでもターフを取らないレベルブローの打ち方を覚えさせる。スウィングの最下点が、何処に来るかが、マスター出来る。

Bトレーニング方法として、毎日4キロメートルジョギングする。バランス感覚が養われる。継続することが大切。

C腹筋を鍛える。身体と技術と精神力が鍛えられる。

と述べられた。

大変含蓄のある言葉で、是非ともこれからの自分の練習に取り入れたい。ジュニアのみでなく、皆さんにも、是非取り入れられる事をお勧めしたい。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


名プレーヤーの腰つき

2008/08/04 05:07
テレビで、リコー全英女子オープンの中継を見て閃いた。

不動悠理プロ・上田桃子プロ・クリスティーカー等のどっしりとした、アドレスの腰の構えである。共通している。ショット・パットとも同じである。

尻を突き出し、膝は僅かに曲がり、前傾姿勢を取っていても微動だにしない感じがする。
一見して、これから安定したショットが生まれてくる感じがする。

この安定した、アドレスは、どういうからくりなのかを人間工学的に分析してみる。
前傾した上半身とのバランスから、尻を後ろに突き出して、微調整をする事により、両足の踵でも、つま先でもない、土踏まずに重心が来るようになる。両下肢の内側(内転筋群)がしまり、ケツの穴を締めて、丹田(ヘソ下3寸で、下腹部の腹筋部分・身体の三次元的重心の存在するところで、いわゆるコアの中心部)に力が込められている感じである。

身体のコアが、安定固定されると、軸のぶれが、少なくなり、末梢の動きも効率が上がり、全体のパフォーマンスが、シンプルとなり、無駄がなくなる。

以上述べたことは、ゴルフスウィングの根幹に関わることだと思う。これから、はたから見て、「どっしり感」が感じられるようなアドレスに挑戦して行こうと思う。
皆さんにも、是非とも上に述べたような事を意識して追試して頂きたいものだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
17−18年ぶりのスキー(昔取った杵柄)
17−18年ぶりのスキー(昔取った杵柄) 狭山スキー場行:2008/02/8 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/13 00:23
スポーツパフォーマンス
スポーツパフォーマンス スポーツパフォーマンスは、真似て、学ぶ事から始まる。学ぶとは真似ぶの訛ったものと思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/04 01:10
乗用カートについて。
乗用カートについて。 今やどこのゴルフ場も乗用カート全盛の時代であるが、わがTYCCでも、乗用カート導入が検討されていると聴く。JGTOの掉尾を飾るゴルフ日本シリーズJTカップが開催され、都心に近く、井上誠一設計のコースとして、非常に戦略性の高いコースであるが、結構アップアンドダウンのあるコースである。筆者の友人たちの殆どが、誘っても、お年の所為か、あんなしんどいコースはごめんだという返事が返ってくる事が多い。確かに筆者も略10年程前に、入会したての頃(60前後の年齢であった。)は、アウトの1番ホールから、2番ホール... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/12/15 06:01
「膝に水が溜まったら!」パート2 ラウンド後の疲労回復
「膝に水が溜まったら!」に対して次のような質問がありましたのでお答えします。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/23 20:23
膝に水が溜まったら!
筆者は運動器リハビリを勉強中の整形外科医ですが、本日は本職に関連したお話をします。昨今プロのスポーツ選手が膝に水が溜まったと言う話を良く耳にします。例えば、ゴルフの片山慎吾プロ・野球の松井秀喜選手等です。昨日の新聞によりますと、松井選手は大リーグの最終戦を欠場して、ニューヨークに戻り、膝に溜まった水を穿刺して、腫れが引き、痛みも取れたとありました。針を刺した時はさぞ痛かったでしょう。頑健な彼のことですから、プレーオフシリーズで、ヤンキースの為に頑張ってくれことを期待しています。彼のコメントによれ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 8 / コメント 1

2007/10/02 03:41
難波歩きをラウンド中の歩行に取り入れよう。
「難波歩き」とは古武術の歩き方で、同じ方の手と足を出して歩く事で、省エネ歩行で、疲労も少なく、且つ早く歩けたそうである。忍者や飛脚が採用していたとの事。有名なのは日本男子陸上短距離界のホープ末続慎吾選手が「難波走り」として、採用していて、かなりタイムを短縮したとの事である。詳しく言うと、いちいち骨盤まで動員して動かすために、歩幅が大分広くなる。チンチクリンな筆者はかなり前から、心掛けているが、当初は奇異な動きと見えるらしく、家内から「みっともないから止めなさいよ」と言われた。今では、なれて、結構... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/06 01:48
ストレッチに関する一手法・試み-健康法或いはゴルファーの日常のストレッチとして。
〔ストレッチに関する一手法・試み〕 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 0

2007/04/16 01:11
mura-Qの養生訓
私は69歳の整形外科医ですが、私の健康法を、体験談としてお話します。実は略一年程前には肥満に悩んでおりまして、身長159cm・体重62kg・ズボンのウエストは90p、腹の出具合は内臓脂肪ばっちりの針を刺せばパチンと破裂しそうな状態でした。体脂肪率も28位だったと思います。勿論血液検査をすれば、コレステロール・中性脂肪・空腹時血糖・肝機能など軒並み異常だらけでした。食事と言えば、食べれば皆血となり肉と成ってしまう気がして、食欲はあるのに、食べるのが恐ろしい感じでした。おかずが多いと家内に文句を言... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2006/10/05 20:21

トップへ | みんなの「トレーニング」ブログ

mura-Qのゴルフ雑感 トレーニングのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる