アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「健康」のブログ記事

みんなの「健康」ブログ


体験的アンチエイジング

2014/05/01 13:01
昨近同期会などで集まると、話題は、健康問題になることが多い。概ね同病相哀れむといった感じになる。

先日或るロータリークラブの卓話を依頼されて、「体験的アンチエ亻ジングについて―――整形外科医の立場から」と云うテーマで30分程お話をさせて頂いた。

講演内容のポイントを下記に記す。これからの健康寿命をエンジョイするために何かお役に立てる事があればと思う。

『ロコモ―ロコモーティブシンドローム・ロコモ体操・ロコチェック等。』について、日本整形外科学会推奨のPPを活用して啓蒙活動をした。なんと出席者の略全員が、この言葉を聞いたことがないという事実に驚かされた。

次いで
@ 等尺性運動(isometric exercise)
―筋肉は長さを変えないで、収縮すると最も力が出る。

A 筋肉のポンプ作用(muscle pumping)
―:足またはふくらはぎは第二の心臓と言われる。

B 廃用性筋萎縮(disuse muscular atrophy)
― 筋肉同様身体のどの部分も使わないと退化する。

それぞれの持つ意味。

■ 心体技―3K
心―モチベーション―好奇心
体―身体作り―向上心
技―研究課題―研究熱心

■各人のそれぞれのアンチエイジング
―――将来の健康寿命を有意義にエンジョイするために!
T基本的方法―万人に適合した基礎代謝的方法
U独自の方法
個人々々の目的に応じた方法・創意工夫・創造の喜び・マンネリに堕さず・性差・年齢・体質体格体力相応

最近診療をしていて、つくづく感じることだが、加齢による疾患(骨粗鬆症・脊椎椎体骨折・変形性脊椎症・腰部脊柱管狭窄症・変形性膝関節症等など。)が、進んでいて、最早、根本的解決は難しい状態の患者さんが多いことである。
立場上、それ以上に悪くならぬような方法をアドバイスはする。
しかしもう少し若い頃即ち40代・50代頃に先を予測した生活習慣を過ごしてさえいれば、今のような取り返しのつかぬような事態には至らなかったのにと悔やまれるのである。
従って最近は30代位の人でも、膝が痛い、腰が痛い、肩が凝る等の症状を訴える人には、「ストレッチング」「肥満大敵」「仕事が忙しくとも暇を見つけて、短時間でも、運動習慣を持つ。」を説いて、将来の悲惨さを警告するようにしている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


体験的アンチエイジング論

2011/11/19 12:07
先日10月19日(水)に東京ワセダロータリークラブの卓話で「体験的アンチエイジング論」の講演をさせて頂いた。同クラブの週報で大変要領よく紹介されているので、以下に、引用させて頂く。このブログを読まれる方に少しでも、参考となれば幸甚である。
画像
画像
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


エコノミー症候群防止策―東北関東大震災の被災者の方たちの為に

2011/03/16 10:33
先ほど、車の中で、NHK総合テレビ「あさイチ」で、今回の大震災の被災者の方々が、悩んでおられるエコノミー症候群についてのアドバイスを伺いました。
関連して是非とも付け加えて頂きたい事があります。
小生は、整形外科学会認定運動器リハビリテーション医の資格を持ち、体験的に、アンチエージングを研究している者です。

それは、筋肉の持つ特性を利用した方法です。

足やふくらはぎは第二の心臓と言われています。心臓は自律的なポンプ作用を持っておりますが、筋肉も同じ作用を発揮します。
それは、筋肉を硬くしたり、弛緩(緩めること。)させたりすることです。
専門用語で申しますと、アイソメトリック(等尺性運動−筋肉の長さを変えずに、作用させる運動)エクササイズと言いまして、普通の運動と違って、関節を動かさずに、力を入れたり抜いたりする事です。

こうする事により、体の心臓から、遠い部分の鬱滞した水分(血液・リンパ液など)を心臓に送り返すこととなり、血栓の発生を防ぐことと成ります。

この運動はどんなに狭い空間でも、出来るので、是非とも試して頂きたい方法です。

取り急ぎ、FAXさせて頂きました。

日本整形外科学会専門医 村田 久

追記
上記の方法は、水分摂取を前提とした方が、よりベターです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


読みたい書物を抱えて、寝床に入る。

2010/02/09 00:28


この言葉は、作家城山三郎氏が、生活の中の一つの楽しみとされていたとして、何処かに、書かれていたと、記憶している。

私の場合にも、この言葉は、得も言われぬトランキライザーのような意味合いの、一つの至福の喜びとなっている。

今夜も、正にその感懐を抱きつつこれから、寝床に入るのを楽しみにしている。

日中、比較的気温が高く、久しぶりの好天のため、家内同道で、近所のイトウゴルフというお気に入りのアプローチ練習場と、グリーンパークという屋内練習場をはしごした。
1時間打ちっぱなしで250発ほど、思い切り、ボールを打ったので、心地よい疲労を感じ、その疲れを風呂で癒したのち、この一文を記している。

読みたいと言っても、まず殆ど、読み耽るということは滅多にない。
まず大抵の場合に、1ページも、めくらぬ内にすやすやというのが定番である。
従って、1冊の本を読破するのに多くの場合、2−3週間は、優にかかる。
その時その時で、読みたい本が変わるので、いつも、枕元には、4−5冊は、ゴロゴロしている。

何のことはない。この習慣は、私にとって、最良の睡眠薬なのである。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ゴルフの楽しみ方

2008/12/14 21:22
ダッファーである小生のゴルフの楽しみ方について、次のような一文を書いて見ました。

ゴルフに巡り合ったことを大変ラッキーと思う。

小さなピラミッドを築きつつゴルフに取り組む。

目指す頂点は、普通の人たちとは異なる。

頂点は自分の最も得意とするところ。裾野は、それに付随する諸々の分野の知識を積み上げて行くだけ。築土の素材はあちこちに転がっている。益ありと思われるものは何でも拾い上げる。

スコアだけを目指すのでは、モチベーションを持続させることは難しい。

小技を磨くとか、パッティングでは、だれにも負けないぞとか、美しいスウィングを目指すとか、自分なりのユニークな攻め方を考えるとか、リッチな人は、格調高いコースを多数征服するとか、楽しみ方は、色々あると思う。

スコアだけを目指しているのでは、年とともに、下降曲線を描くのは、一般的には避けられないこと。年取ってから始めた場合には、スコアを縮めることはまだまだ可能だが。

いずれにしても、ゴルフに対し、楽しんで取り組む方法はいくらでもあるはず。それだからこそ、幾つになっても、エンジョイゴルフが可能なのだ。勿論自分の目指すゴルフを追求して行くためには、身体づくりから始まって、何らかの努力を毎日続ける必要があると思う。毎日の作業も、試行錯誤を繰り返すところに興味が湧いて苦にならない。

至らぬ所を補うためには、何をすべきかを常に、目前のモチベーションにする。はるかに遠い、目標に向かって一進一退ながら、突き進んで行く過程の中に、自分を駆り立てる環境を作ることが出来るはずだ。

ゴルフは年に関係なく楽しめるのが、他のスポーツにない特色であると思う。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


17−18年ぶりのスキー(昔取った杵柄)

2008/02/13 00:23
狭山スキー場行:2008/02/8

Meshi先生

お疲れ様でした。お陰さまで、久方ぶり(多分17−8年ぶり)のスキーを充分堪能しました。先生の華麗なすべりには、ゴルフ同様恐れ入りました。

新しいスキー板・重いシューズなど、最初は大変戸惑いましたが、終盤ようやく何とか滑れるようになりました。筋疲労は、よみうりで鍛えている所為か、大して感じませんでした。

むしろ、関節の、この所まるきり動かしていない部分に、ツッパリを感じました。特にボーゲン姿勢で、股関節の前外側に。股関節内旋位制限が、はっきりしました。

気分転換にはもってこいのスポーツと思いますので、また時々連れて行ってください。
ゴルフの飛距離倍増に繋がれば、言う事ありません。

また研究についてのアドバイスもあわせて有難う御座いました。

取り急ぎ、御礼まで。 Mura-Q




昨日国立オリンピック記念青少年センタ−で開催されたゴルフコミュニティーカレッジ<http://www.fosg.jp/lecture/gccollege2.htm>に参加した。

Meshi先生

狭山スキー場の写真有難う御座いました。

昨日はGCCに参加して、JGTOの渡辺章太郎講師のルール事例集の話を伺いました。実体験から、困惑するようなケースがままあり、色々と教えて頂きました。今年度は大幅改正があり、大変勉強になりました。こういう話は、耳学問が最適です。

今年はGCLになった方が、5名位のようです。吉原先生・迫さん・野見山さんご苦労様でした。

最後の4時限目に片岡暁夫先生のお話があり、小生が、実践している事に間違いが、無い事を確認致しました。

キーワード及びフレーズ:生涯スポーツとしてのゴルフ・理論と実践・健康維持・継続・仲間作り・ピストルの名手は引き金を引く時には、心臓をとめる事が出来るそうです。(?)・人に教えるためには、自分が先ず学ばなければならない。・ある医者は3F立ての家に住んでいて、毎日トイレの度に、1Fから3Fまで駆け上がる事を日課としたそうです。アリストテレスとその弟子たちは、お散歩しながら、ディスカッションを重ね、偉大な哲学を生み出したそうです。(小生はミーオの散歩をしながら、色々と瞑想し、奇抜な発想を思いつきます。)歩く事は心身の活動を促し、神経の錐体路系及び錐体外路系を鍛える事となるとの事。

PS
本日は定例ゴルフですね。小生は今週は、明日と金曜日をTYCCでの練習日とする予定にしています。後は、2.19のFOSG指導者・JIPGA対象の講義「骨格面より考察したゴルフスウィング」の準備で、忙しくなりそうです。Mura-Q

画像
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ゴルフは、人生そのもの

2007/12/16 02:45
自分なりに、ゴルフに、真剣に取り組む事は、私にとって、人生の生き方を教えられているようなものだ。あっちに行ったり、こっちに行ったり、紆余曲折の流れは、ゴルフも人生も、全く一緒である。ゴルフの腕前が、遅々として、上がらぬ事も、わが人生も発展途上で、まだまだ未熟であるとつくづく思う。まだ先に進歩の余地が充分に残されている気がする。年寄りの冷や水でなく、健康でさえあれば、まだやることはいくらでもある。

この人生、しがらみで、やらねばならぬことが、山ほどある。自分のやりたい事に当てる時間は、かなり限られている。しがらみに当てる時間はルーチンにこなして、偶には、ぼけっとしていられる位の余裕で、暮らして生きたい。

日常を過ごす中で、時折、格言のようなものに、つくづく実感させられる事がある。「今日の言葉」として、書き記し、時折読み返して見ようと思う。

「今日の言葉」
悠々と急げ!(井上ひさし)
難しいことを易しく、易しき事を、深く、深き事を面白く。(井上ひさし)
家庭は港。(開高健)
やればできる。(小柴昌俊)
大河が流れる如くに。
健康第一。健康が出発点。
天知る、地知る、己知る。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


乗用カートについて。

2007/12/15 06:01
今やどこのゴルフ場も乗用カート全盛の時代であるが、わがTYCCでも、乗用カート導入が検討されていると聴く。JGTOの掉尾を飾るゴルフ日本シリーズJTカップが開催され、都心に近く、井上誠一設計のコースとして、非常に戦略性の高いコースであるが、結構アップアンドダウンのあるコースである。筆者の友人たちの殆どが、誘っても、お年の所為か、あんなしんどいコースはごめんだという返事が返ってくる事が多い。確かに筆者も略10年程前に、入会したての頃(60前後の年齢であった。)は、アウトの1番ホールから、2番ホールにかけてのインターバルは、かなりの急坂で、しょっぱなから、息切れしてしまった。しかし今では、迂回路の平坦コース(年寄り向き)でなく、階段コース(若者向き)をすいすいである。日頃から鍛えられた結果である。

ゴルフは本来、健康のために歩いて、プレーするのが原則である。しかし時代の流れか、アメリカのパブリックの影響か、日本の大半のコースが乗用カートを入れている。プレーの進行・高齢者のプレー・コースの芝のメンテ・コースそれぞれの高低差・ホール間のインターバルなどなど色々と問題点が多いが、いわゆる日本の名門コースは、導入を控えている所が多い。芝保護の観点からであると思う。

人間一度楽をすると、易きに流れがちである。余程の必要性があれば別だが、トーナメントが開催されるようなコースでは、原則乗用カートは入れぬ方が望ましい。ごく限定で数台を準備していて、異常事態に対応するのは、許されるべきであろう。

筆者は「年寄りこそ、カートに乗るな!」と言いたい。トーナメントを開催しないようなメンバーコースはメンバーの意向で、いわゆるパブリックでの導入は、やぶさかではないが、これもプレーヤーの意識改革が必要で、TPOに応じたカート利用をすべきと考える。くれぐれも、生涯スポーツとして、ゴルフをプレーする人は、歩け、歩けである。

超高齢者は、平坦コースか、乗用カート導入をクラブ理念としているコースで、ゴルフを楽しむべきであると思う。この考えで、ゴルファーが日頃からプレーをすれば、超高齢者の年齢層が上昇する事は、筆者が、身を持って体験している。出来る事なら、幾つに成っても、どんなコースでも歩いて、ゴルフをプレーしたいから。
画像

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


「膝に水が溜まったら!」パート2 ラウンド後の疲労回復

2007/11/23 20:23
「膝に水が溜まったら!」に対して次のような質問がありましたのでお答えします。

質問
<初めまして、今、家内の膝に水が溜まって大変そうです。
セッティングとは、足をまっすぐに力を入れて伸ばすだけでいいのでしょうか?
その時どのくらいの時間、力を入れていれば良いのでしょうか?>

お答え
<セッティングとは、足をまっすぐに力を入れて伸ばすだけでいいのでしょうか?>
その通りです。より実感しやすい方法として、膝下にタオルを丸めて、力を容れ易い程度の高さの枕にして、それを押しつぶすようにすると力が入るのが、つかめると思います。力が入っているかどうかは、太ももや、ふくらはぎを触って見て硬くなっていればOKです。

もう一つの別の方法をご紹介しましょう。
ループエクササイズと言って、タオルのようなものを、端同士を縫い合わせて、直径が40センチ前後の輪を作ります。その中に両足をすねの部分まで入れてお互いの足で上下左右に引っ張り合うのです。これもセッティングと同じ効果が得られます。

<その時どのくらいの時間、力を入れていれば良いのでしょうか?>
一回3−5秒程度でゆっくり力を入れるとよいでしょう。力を抜く時間も充分に取る方がよいでしょう。10回やっても1分もかからないと思います。勿論同じ事を、1日のうち、暇を見ては、やる事は差し支えありませんが、毎日続ける事に、意味があり、時間を取りすぎると長続きしません。習慣に出来る位が妥当でしょう。 

ラウンド後の疲労回復について筆者の経験から以下の如き方法をご紹介します。

自分の実体験を述べますが、運動後の入浴時に充分ストレッチをして、筋肉内の疲労物質をなるべく取り去るように心掛ける事が、疲労を後に蓄積させない一つの方法であると考えています。湯船にゆっくり使って、身体をあちこち動かす事は、大変気持ちのよいものです。人がいない時には、はたから見たら、「この人何してるの」といぶかられるような格好も敢えてします。その方が、身体の隅々の筋肉まで、ウォッシングすることになり、疲れがすっかり取れたような感じさえします。筋肉のポンプ作用の利用です。足とか、ふくらはぎが、第二の心臓と言われているように。この原理はEconomic Syndrome or Long Flight Syndromeの予防にもかなり役立つものと思います。 ゴルフ後の入浴をカラスの行水にしている人、ご一考あれ!

話がちょっとずれますが、筆者は、適度に無理をし、その後の充分な休養が、高齢者のアンチエージングのコツとの持論を持っています。この事につきましては、また改めて、言及したいと思っています。

ちなみに筆者はラウンドする時、原則歩きです。乗用カートにはなるべく乗らないようにしています。健康のためにゴルフをやっているのですから。

記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


世界の青木!エージシュートでの日本シニアオープン制覇!

2007/10/29 01:39
65歳でのナショナルオープン優勝はもちギネスもの!優勝コメントでも、語っていたが、彼のモチベーションは、「ゴルフが好きで好きでしょうがない。」との事。そのための日頃の努力は推して知るべし。我々シニアゴルファーは自分も含めて、彼の爪の垢を煎じて飲まねばなるまい。青木さん、エージシュートの話では、流石にウルウルでしたね。こっちまで、危なかったです。青木さんと並んで取った写真・サインの価値が急上昇で大変なお宝になりました。これからももっともっとサプライズを期待しています。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


タイトル 日 時
膝に水が溜まったら!
筆者は運動器リハビリを勉強中の整形外科医ですが、本日は本職に関連したお話をします。昨今プロのスポーツ選手が膝に水が溜まったと言う話を良く耳にします。例えば、ゴルフの片山慎吾プロ・野球の松井秀喜選手等です。昨日の新聞によりますと、松井選手は大リーグの最終戦を欠場して、ニューヨークに戻り、膝に溜まった水を穿刺して、腫れが引き、痛みも取れたとありました。針を刺した時はさぞ痛かったでしょう。頑健な彼のことですから、プレーオフシリーズで、ヤンキースの為に頑張ってくれことを期待しています。彼のコメントによれ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 8 / コメント 1

2007/10/02 03:41
片山晋呉プロの全英欠場のニュース
片山晋呉プロが身体の故障で今年の全英オープン欠場を表明した事を新聞紙上で知りました。誠に日本人のゴルフファンとして残念です。本日のスポーツ紙上に片山プロの談話として「右膝に水がたまって、去年から色々な所で診て貰っているけど良くならない。」とありました。ジュニアの頃からの付けが廻って、かなり膝の状態は、思わしくないのではと想像します。軟骨の磨り減り、骨の変形も少なからずあるのでないでしょうか。人間の身体は消耗品ですから、大変な練習量をこなせば当然の結果オーバーユースで、耐用限度を超えたパーツの破綻... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/16 14:23
難波歩きをラウンド中の歩行に取り入れよう。
「難波歩き」とは古武術の歩き方で、同じ方の手と足を出して歩く事で、省エネ歩行で、疲労も少なく、且つ早く歩けたそうである。忍者や飛脚が採用していたとの事。有名なのは日本男子陸上短距離界のホープ末続慎吾選手が「難波走り」として、採用していて、かなりタイムを短縮したとの事である。詳しく言うと、いちいち骨盤まで動員して動かすために、歩幅が大分広くなる。チンチクリンな筆者はかなり前から、心掛けているが、当初は奇異な動きと見えるらしく、家内から「みっともないから止めなさいよ」と言われた。今では、なれて、結構... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/06 01:48
トムソンナショナルCCでのオープンコンペと86歳のスーパーゴルファー飯塚鉄雄先生
トムソンナショナルCCでのオープンコンペと86歳のスーパーゴルファー飯塚鉄雄先生 トムソンナショナルカントリークラブ(今後TNCCと略)でのオープンコンペ「昭和の日杯」と86歳のスーパーゴルファー飯塚鉄雄先生 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2007/05/02 18:34
名門小金井カントリークラブでのラウンド
久しぶりで名門小金井カントリークラブで、都立西高校同期の瀬戸靖雄氏・新山克三氏・吉田貞夫氏とラウンドする。好敵手ぞろいと言うより、ドングリの背比べと言うべきか。旧友同士と言う事もあり、和やかにラウンド、天候もわれ等に味方してくれて、数日前には70%位の雨確率だったのが、なんとお日様まで顔を出してくれる程の好天に恵まれた。 小生を除く、他三名は年甲斐もないブッ飛ばし屋揃いで、いつも30-40ヤードドライバーを置いていかれる始末。瀬戸氏はフォローでのリストの使い方が実に上手く所謂手首を思い切り返し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0

2007/04/20 02:59
ストレッチに関する一手法・試み-健康法或いはゴルファーの日常のストレッチとして。
〔ストレッチに関する一手法・試み〕 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 0

2007/04/16 01:11
老人と健康法 講演
日本ゴルフ学会関東支部世話役の関根忠雄氏よりの依頼で稲城市の老人クラブで下記のようなレジメで15人ばかりのシニアの聴衆に話をさせて頂きました。自分としても大変良い体験でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 36 / コメント 0

2006/12/09 19:52
mura-Qの養生訓
私は69歳の整形外科医ですが、私の健康法を、体験談としてお話します。実は略一年程前には肥満に悩んでおりまして、身長159cm・体重62kg・ズボンのウエストは90p、腹の出具合は内臓脂肪ばっちりの針を刺せばパチンと破裂しそうな状態でした。体脂肪率も28位だったと思います。勿論血液検査をすれば、コレステロール・中性脂肪・空腹時血糖・肝機能など軒並み異常だらけでした。食事と言えば、食べれば皆血となり肉と成ってしまう気がして、食欲はあるのに、食べるのが恐ろしい感じでした。おかずが多いと家内に文句を言... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2006/10/05 20:21

トップへ | みんなの「健康」ブログ

mura-Qのゴルフ雑感 健康のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる